犬

アレルギー反応を起こしにくいと評判のドッグフードを選ぼう

芸を仕込む前に癖を直そう

犬と人

犬を飼う際に重要なのが、しつけです。庭などの屋外で飼う場合と、室内で飼う場合のしつけに仕方には差がありますが、しっかりとしたしつけをすることで愛犬との生活がもっと楽しくなります。犬のしつけは難しいことではありません。犬は利口な生き物なので、しつけができない犬はいないといってもいいでしょう。愛犬が全然いうことを聞かない場合はしつけの仕方に問題があります。犬は何も悪く無いのです。犬のしつけがきちんとできていないと、生活に支障が出てきます。自分の生活だけじゃなく、周辺の住民に迷惑をかけることもあるので、徹底した犬のしつけを心掛けましょう。犬のしつけで一番重要なことが、飼い主も犬も楽しみながらしつけをするということです。犬は遊んでいる感覚でしつけを楽しむことができ、自然に覚えていきます。遊びの延長線上でしつけをしていきましょう。お手やおすわりのような芸を仕込むのも犬のしつけとされていますが、芸を仕込むより先に覚えさせるべきことがあります。吠え癖や噛み癖を直すしつけです。ずっと吠えている犬を飼っている家が近所にあったら嫌ですよね。家にいてもリラックスできませんし、いくら可愛くてもうるさく感じてしまいます。近隣住民に迷惑にならないように、吠え癖を直しましょう。噛み癖を直すのも重要です。散歩中他の犬に噛み付いたり、小さな子供や通行人に噛み付いてしまう恐れがあります。危害を加える前に直しましょう。犬のしつけは芸を仕込むよりも先に、安心して犬との生活ができるようにと考えましょう。